日本最大規模の韓国書籍専門店が提供する通販サイトです。このサイトに掲載されていない書籍の問合わせも受け付けております。皆様からのご意見・ご感想もお待ちしております。
お問合わせ・ご注文 komabook@komabook.co.jp
Tel:03-3262-6800・6801 Fax:03-3262-6878
カートを見る ヘルプ サイトマップ
書籍 新聞・雑誌 年鑑・統計書類 CD DVD・VIDEO ラジオ 韓国語講座 店舗案内 お役立ち情報 ご意見・ご感想
HOME > 書籍 > 影印本/全集/叢書(近現代) > 商品詳細
カテゴリごとの検索結果
書籍
雑誌・新聞
年鑑・統計資料
該当する情報はありません。
CD
該当する情報はありません。
DVD・VIDEO
タイトル 朝鮮美術展覧会図録(70セット限定版)全19巻
조선미술전람회도록 세트(70세트 한정판) 전19권(チョソンミスルチョンラムフェトロク)
サブタイトル
価格 ¥594,000(税込)
ISBN 9791168872745
頁数
巻数 19
A4
発行日 2023-04-30
出版社 韓国学資料院 (ハングクハクチャリョウォン)
著者 朝鮮総督府(チョソンチョンドクプ)

価格特記事項 全19巻セット販売
紹介文(目次) 1922年から1944年まで23回開催した。官展週一回形式の権威主位で韓国近代美術展開に非常に大きい影響を及ぼした。朝鮮総督府のいわゆる文治政策の一つで創設され、多くの美術家を排出、成長させるなど作家活動の基盤造成に寄与した。しかし韓国近代美術の日本画に促進的役目をすることで花壇を日本画の影響で染まらせた。
展覧会の創設は1921年10月28日開催趣旨を発表したのに続き同年12月27日当時の金敦熙、丁大有、李道榮、金圭鎭などの書画係人事を総督府で招待して、これに関する意見交換会を持つことで具体化された。ここで展覧会の名称が『朝鮮美術展覧会』と決まった。公募部門は第1部東洋画、第2部洋画及び彫刻、第3部書道の3個の部門で、第1回展覧会を1922年春に開くことにするなどの試案が用意された。公募部門において洋画及び彫刻を独立するように設定したことは韓国美術の近代化に意義を持つ。しかし伝統絵画を東洋画で名付けたことは韓国伝統絵画の他律的展開を反映する不透明な用語として今日まで使われるきっかけになった。展覧会の運営制度はその当時日本の最も大きい観戦だった帝展で略称される帝国美術院展覧会の体制に従って公募審査の入選·落選制及び授賞制を採択した。
数量
 
この著者・アーティスト(朝鮮総督府)には他にもこんな作品があります。

朝鮮美術展覧会図録(70セット限定版)全19巻
¥594,000(税込)

諺文新聞差押記事輯録(東亜日報)影印本
¥33,000(税込)
この出版社・レーベル(韓国学資料院 ハングクハクチャリョウォン)には他にもこんな作品があります。

捷解新語 全5巻
¥154,000(税込)

西友 上下全2巻
¥72,600(税込)

韓国禮学用語大辞典 全4巻
¥118,800(税込)

竈君靈蹟誌 諺解
¥33,000(税込)

朝鮮文壇 全4巻 
¥132,000(税込)


特定商取引法に基づく表記  会社概要  採用情報
Copyright 1962-2006 Koma Book Trading Co.LTD,All Right Reserved.